読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXスキャレーダー 検証レビュー

FXスキャレーダー 検証レビュー

FXスキャレーダーの検証評価

このブログでは、過去に様々なFX・投資商材を検証してきた経験をもとに、FXスキャレーダーを評価した結果をまとめています。

 

f:id:fxscaraders:20170418085652p:plain



またブログの最後では、他のブログでは絶対に手に入らない独自特典も用意しているので、ぜひ最後まで楽しんでいただければと思っています。


■FXスキャレーダーの2つの特徴

FXの裁量手法の商材はいろんなものがありますが、FXスキャレーダーで注目すべき点として、まず下記の2点が上げられます。


・複数通貨ペア対応

・エントリーの根拠が明確


手法の中には、「ドル円のみ」とか「ユーロドル専用」みたいなものがありますが、はっきり言って使い物になりません。「ドル円の値動きを徹底的に分析!」とか宣伝していますが、苦し紛れの言い訳だと思ったほうが良いです。


通貨ペアごとに確かに値動きに特徴があるのは認めますが、相場の原理原則は同じです。相場参加者がすべて人間以外(たとえば機械だけ)でもなければ、相場で勝つための本質というのは変わらないんです。

 



通貨ペアが限定されてしまうということは、それだけトレードチャンスも減ることになります。最悪の場合、チャートを1日中見ていたというのに、チャンスが1回もやって来なかった、みたいな事態が起こり得ます。


そんな日が2日も連続してしまったら、3日目には十中八九、イライラしたりトレードしたくてうずうずするでしょう。こうして冷静さを欠いてしまうことも、トレードで勝てなくなる要因となっていきます。

 



FXスキャレーダーなら、複数通貨ペアに対応しています。一つの通貨ペアにこだわらなくて良いわけですから、危ないなと思ったらエントリーをしなくても良いわけです。


他の通貨ペアで、絶好のチャンスが来るのを待てばよいですからね。複数通貨ペアを同時に監視することで、1日全くトレードチャンスがなくて時間を無駄にしてしまうリスクもほぼありません。

 




FXスキャレーダーの2点目のポイント「エントリーの根拠が明確」は今さら言う必要がないかもしれませんが、やはり重視すべきポイントになります。


サインツールの中には、サインの分析がやたら難しくて、判断結果が人によって変わってくるタイプも珍しくはないんです。

 



FXスキャレーダーなら、矢印で明確な根拠を示してもらえるし、どんな時にトレードを避けるべきか?というのも、極めて明確なルールがあります。


自己裁量を加えず、基本ルールでトレードをしていれば、他の人と同じタイミングでエントリーして、同じタイミングで決済できます。なおかつ、一定の利益を上げ続けることだってできますよ。

 




■FXスキャレーダーで勝率を上げるコツ

FXスキャレーダーの基本ルールに従うだけでも十分に利益を出すことができますが、勝率・利益率を上げるコツが1つあります。


それがトレンドを意識することです。トレンドに逆らうようなトレードを避けることによって、無駄な負けを減らし、損益を改善することができます。

 



トレンドを正確に把握することは難しいものがありますが、ただ、1つ上の時間足を見て、なんとなく流れを見るだけでも構いません。


相場が上昇傾向にあったらロングのみ、下降傾向にあったらショートの実といった感じの裁量を加えるだけでも、FXスキャレーダーでより多くの利益を出せるようになりますよ。

 





では最後に、特典の紹介をさせてください。当ブログ内のリンクからFXスキャレーダーに申し込みをしていただければ、下記の特典をプレゼントさせていただきます。








複数通貨ペアから勝ちやすい相場で手堅く利益をもぎ取れるようになるFXスキャレーダーを当ブログ限定特典付きで試してみるにはこちら



FXスキャレーダー評価

将来を見据え日本国内で生まれた金融機関は、既にグローバルな金融市場や取引に関する規制等が強化されることも視野に入れながら、財務体質等の一層の強化や金融機関の合併・統合等を含む組織再編成などまでも精力的な取り組みが行われています。
きちんと知っておきたい用語。保険は、防ぐことができない事故により生じた主に金銭的な損失の対応のために、よく似た状態の複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、準備した積立金によって不幸にも事故が発生した者に定められた保険金を給付する仕組みなのです。
日本を代表する金融街である兜町
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債国債社債など)や短期金融資産で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。気を付けよう、取得からまもなく(30日未満)で解約した場合、実は手数料にペナルティ分も必要となるという仕組み。
【解説】ロイズとは何か?イギリスにある世界の中心ともいえる保険市場です。イギリスの法の規定に基づき法人化されている、保険契約仲介業者およびそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もあります。
平成10年12月に、当時の総理府の外局として国務大臣を組織のトップである委員長と定められた新しい組織、金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に約2年半整理されたことになる。
いわゆる外貨MMFとは、日本国内において売買することができる外貨建て商品の一つ。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りがずいぶん高く、為替変動による利益も非課税だというメリットがある。興味があれば証券会社で購入しよう。
よく聞くコトバ、外貨預金⇒銀行が扱える資金運用商品の名称であって円以外の外国通貨によって預金する。為替の変動によって発生した利益を得られるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行による貯金などのサービスは郵便局時代の郵便貯金法の規定による「郵便貯金」の扱いではなく、他の銀行等と同じく銀行法の規定に基づく「預貯金」を準拠した扱いのサービスということ。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスって何?今までの銀行預金口座と同一金融グループの証券取引口座で、株式等の購入資金、売却益などが手続き不要で振替してくれる新しいサービス。同一金融グループによる優良顧客囲い込み作戦である。
銀行を意味するバンクという単語は実という単語はイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来との説が有力。ヨーロッパで最も歴史のある銀行。それは600年以上も昔、ジェノヴァ共和国で誕生したサン・ジョルジョ銀行なのです。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分を分割して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく強力な外局として金融監督庁(のちの金融庁)を設けることになったという流れがあるのです。
紹介しよう「銀行の運営がどうなるかは銀行自身に信頼があって繁栄するか、そこに融資する価値があるとは言えないと断定されたことで順調に進まなくなる。どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
ご存じのとおり、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たな金融商品としてファンドを発売し、それを適正に運営するためには、本当に想像できないほど量の、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が規定されているのである。
よく聞く「失われた10年」が示すのは、一つの国であったり一定の地域における経済が約10年の長期間にわたって不況、併せて停滞に襲い掛かられた時代のことをいう語である。